東京で除湿機を必要としない貸し倉庫の活用

subpage01

東京は豪雨の発生も多く、湿気が多く感じる日数が多いです。
その一方で、冬は乾燥しがちで、火災にも注意したほうが良い日数が多いです。

多角的な視点からOKWave情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

東京で暮らしていて、自分の所有品の中に、湿気が多くても乾燥していても、状態が悪くならないような物があるのなら、貸し倉庫へ収納させておくと良いでしょう。
住まいの収納スペースと違って、ときには狭く感じられるかもしれませんが、ダンボールに詰めてみて何個分になるか考えて把握すると、収納力を見極められます。



同じ面積と容量でも、除湿機が設置されていないと、利用料金が安くなっています。

除湿機が設置されていたほうが、湿気対策しなくても良いので、収納させておく品のコンディション維持管理にも良いのですが、湿度管理や温度管理の必要がないと分かっている場合には、思い切って除湿機能のない貸し倉庫を利用すると経済的です。



東京の都心部にある貸し倉庫は、郊外よりも利用料金が高めです。


けれども除湿機能が備わっていないだけで、利用料金が安くなります。
湿度の影響を受けやすい物を収納させないと決められれば、経済的に利用できます。


衣類や書類ではなく、スポーツ用品やレジャー用品などのうち、プラスチック製やゴム製などの物が最適です。仮にカビが発生しても、除菌スプレーなどで簡単に清掃できる物ならば安心です。

貸し倉庫の利用料金には、運営者のコストも反映されています。


あると便利だけれども自分には必要ないと感じられる機能をカットすることで、かなりお得に貸し倉庫を利用できます。